本文へスキップ

保険ショップや代理店で保険相談してみませんか。

保険のプラン変更について紹介するサイト『生命保険を見直しするタイミング』

『生命保険を見直しするタイミング』は契約内容の変更について解説します。

就職や転職

  • もしもの時に備える生命保険は、若いうちはあまり加入しようとはしませんし周囲の 方からも勧められる機会はそうありません。 必要になるのは社会人になってからというのが日本人の考えでは主流なので、就職 を機に生命保険に興味を持ち保険ショップに初めて入店する、というパターンが 多いかと思われます。 学生でも生命保険に加入できますが、掛け金を支払うのはその親になるでしょうし 自分の子供が若いうちから死亡時のことを計算する親は少ないでしょう。
保険ショップ『ほけんモール』
http://hoken-mall.jp/
生活に合わせた保険見直しのお手伝いをします。無料保険相談のご予約受付中!
岡崎市上六名4丁目1-22 第2鈴木ビル1F
フリーダイヤル:0120-690-650

結婚や離婚

  • 結婚してお嫁さんと一緒に生計を立てて生きていくことになったり、離婚して身軽に なったら生命保険の契約内容を見直すタイミングとなります。 家族が増えたらもしも自分の身になにかがあった時の備えが必要になりますし、 反対に独り身になったら過剰な備えは不必要になります。 人生に何度も結婚や離婚のイベントは訪れませんが、数少ないその機会には生命 保険のプランを見直そうとすべきでしょう。 代理店の方を自宅や喫茶店に呼び寄せたり保険ショップに足を運んだりして、 そのチャンスをおおいに活かしましょう。

支払いがきつい

  • 結婚や転職など特にイベントが発生しなくても契約内容を見直すことはあります。 そもそもこれまでに挙げたイベントが生涯で起こる回数をカウントしても片手程度 でしょうし、それではプランを変更するタイミングがとても少ないことになって しまうので、それ以外の機会でも保険内容の見直しをしてもいいのです。 あそこの保険ショップには美しい男性スタッフがいるとか、そんな噂を耳にして 確認のために相談する振りをして話を聞いてたら契約しちゃった、そんな流れでも たまにはいいかもしれません。 そうおおごととは考えずに気楽に行ってもいいのです。

こんな時も

  • 保険ショップのファイナンシャルプランナーの方が「ならば契約内容を見直した ほうがいいですよ」と言いそうなタイミングは、まだまだいくつかあります。 主にそれまでとは自身や家族の環境が大きく変化した時で、遺族に必要な補償が 劇的に増減しなくても考え直したほうがよさそうな場合はちょくちょくあるのです。 初めて生命保険に加入してから生涯を終えるまでの期間、今のように各種商品が 用意されている時代全くプランの変更をしない人はいないでしょう。 いまや契約時にいつまでそのプランでいくのかを考える時代なのです。